ボッシュ子会社Buderus Guss、粒子状物質(PM)の排出を低減するブレーキディスク「iDisc」を開発

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ボッシュの子会社Buderus Gussは2017年11月22日、ブレーキ粉じんの発生量を最大90%低減できるブレーキディスク「iDisc」を開発したと発表した。

道路交通関連から排出される粒子状物質の多くは、道路、タイヤやブレーキの摩耗に起因し、その量は燃料の燃焼の影響を上回る。ドイツのバーデン・ヴュルテンベルク州環境局によると、道路で排出されるPM量の32%がブレーキとタイヤに起因し、その約半分がブレーキ粉じんとされている。

今回開発したiDiscは、従来型の鋳鉄製ブレーキディスクをベースに炭化タングステンを被覆。価格は、一般の鋳鉄製ブレーキディスクの約3倍だが、セラミック製ブレーキディスクに比べると約3分の1と安価だ。

また、セラミック製ブレーキディスクと同様に、ブレーキ動作を繰り返すと制動力が低下するフェード現象を抑えることができ、ブレーキ性能も長く維持。耐用年数については、一般のブレーキディスクの2倍に達し、腐食とも無縁だ。

さらに、その耐摩耗性と耐腐食性により長年使用しても美しさを保てるため、オープンタイプのリムに最適で、リムを清掃する頻度も少なくて済む。

同社は今後、iDiscの生産量が増えるほど価格が下がっていく可能性があると説明。また、iDiscは、従来型の鋳鉄製ブレーキディスクと完全に置き換わり、ブレーキディスク市場の新たな基準になるとしている。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

fabcross
meitec
next
ページ上部へ戻る