異物侵入を低減したデジタルゲージ(接触式変位センサー)の新製品を発売

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

シチズンファインデバイスは2017年11月27日、製造工程内の自動検査ラインで寸法を計測するデジタルゲージ(接触式変位センサー)の新製品として、「SAシリーズ エアパージ仕様」を同年12月1日に発売すると発表した。異物侵入を防ぎ、切削油が製品に直接かかる環境下でも使用可能だという。

デジタルゲージは、測定物に測定子が触れたときのスピンドルの動き量を内部のセンサーで読み取り数値化する測定器。高精度の測定が必要な製造工程内の自動化ラインで主に用いられている。近年切削や研磨加工では、加工機械の中で電気的寸法測定を行うことで効率を高めたいという要望がある中、加工に用いる切削油は浸透性が高く、既存のゴムベローズ(ゴム製の伸縮管)仕様のデジタルゲージは、切削油の浸透や、ゴムベローズの破損時の検出器内部への異物侵入が課題となっていた。

新製品は、ゴムベローズではなくエアパージを採用し、検出器本体にエア供給を行って内圧を高めることで外部からの異物侵入を防ぐ。これにより、切削油等がかかる加工機械の中でも測定できるようになった。また、アブソリュート方式によりミスカウントをしにくく原点合わせが不要、正確性と耐久性が高い堅牢なボディといった特徴を持つ。

用途としては、部品切削、研磨、切断、組立などの製造工程内の自動検査ラインを想定。自動車部品業界、ベアリング業界、電子部品業界などでの使用を見込んでいる。

最小読取量0.1μm、指示精度(P-P)1μmの「SA-S110AP」と、同0.5μm、2μmの「SA-S510AP」の2モデルが用意され、いずれも測定範囲は10mm、測定力1.5N〜3N、使用温湿度範囲は-10~55℃/35~80%RHとなっている。価格はSA-S110APが10万8000円(税抜)、SA-S510APが7万8000円(税抜)。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

fabcross
meitec
next
ページ上部へ戻る