旭硝子、フッ素樹脂を用いた「熱可塑性炭素繊維強化プラスティック(CFRTP)改良技術」を開発

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

AGC旭硝子は2017年12月14日、新たに「熱可塑性炭素繊維強化プラスティック(CFRTP)改良技術」を開発したと発表した。従来のCFRTPに自社のフッ素樹脂を用いて改良することで、耐衝撃性を向上させた。今回の開発により高機能化したCFRTPは、さらなる軽量化が求められている自動車・航空機・スポーツ用品など幅広い用途への展開が期待できるという。

環境面や経済面から、自動車や航空機など各種輸送機器の軽量化が求められており、金属に代わる「軽くて強い」材料として炭素繊維強化プラスティックが注目されている。金属の代替材料としては熱硬化性炭素繊維強化プラスティック(CFRP)が主流となっているが、成形時間が長いことに加え、生産プロセスで発生する端材のリサイクルができないため、量産には不向きと言われてきた。一方、CFRTPは成形時間も短くリサイクル性には優れるが、成形時の樹脂含浸が難しく十分な機械強度が保てないため、実用化が一部の用途に限定されることが課題となっていた。

AGC旭硝子は、熱可塑性樹脂である「ポリアミド6」を自社のフッ素樹脂で改良することで、従来のCFRTPと比較して耐衝撃性を30%向上、さらにポリアミド6の熱分解の原因となる吸水率を30%低減させた。これにより高温成形時の製品不良の低下や、歩留の向上が可能になったという。同技術は、高荷重・高温など高負荷環境下での耐性が求められる、CFRTP以外のエンジニアリングプラスティックの改良にも応用できるとしている。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

fabcross
meitec
next
ページ上部へ戻る