エアバス、ロールスロイス、シーメンス、ハイブリッド電動航空機の開発で協力

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

エアバス、ロールスロイス、シーメンスの3社は2017年11月28日、ハイブリッド電気推進システム実証機「E-Fan X」の開発に関するパートナーシップを結んだと発表した。

E-Fan Xは、BAEシステムズの高翼型4発リージョナルジェット旅客機「BAe 146」(座席数:100)をベースに、4基あるターボファンエンジンの1基を出力2メガワットのモーターで駆動する電気推進システムに置き換えた機体。システムの完成度が確認され次第、さらに1基のターボファンエンジンを電気推進システムに置き換える予定だ。

E-Fan Xの電気推進システムには、ロールスロイスのAE3007型ターボファンエンジンのファンとナセル(エンジン収納筒)が使われ、電力は機体内に搭載したタービン(ロールスロイスAE2100)駆動の発電機で供給し、離陸/上昇時には出力700キロワットのリチウムイオン・バッテリーの電力も使う。

E-Fan Xの開発にあたり、ロールスロイスがエンジン、2メガワット発電器その他の電力系、シーメンスが2メガワットモーター、インバーター、DC/DCコンバーターなどを担当し、エアバスが全体のインテグレーションと、ハイブリッド電気推進システム、バッテリーのアーキテクチャーなどを担当する。E-Fan Xの初飛行は、2020年が予定されている。

航空業界の抱える優先課題のひとつは、環境負荷が少なく化石燃料に依存しない輸送手段への移行だ。航空運輸に関するEUの2050年構想(二酸化炭素を75%、窒素酸化物を90%削減、騒音を65%低減)の達成は現在のテクノロジーでは難しく、エアバスは、電気推進およびハイブリッド電気推進が最も有望な解決策と見ているようだ。

関連リンク

Airbus, Rolls-Royce, and Siemens team up for electric future Partnership launches E-Fan X hybrid-electric flight demonstrator

関連記事

fabcross
meitec
next
ページ上部へ戻る