H2LとNTT、より自然な感覚を体験できるVR/AR向け触感型インターフェースを開発

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

機能素材hitoeを実装したUnlimitedHandによるVRアプリケーションイメージ

NTTは2018年1月9日、H2Lと共同で、VRやARでより自然な感覚を体験できる触感型インターフェースを開発したと発表した。

H2Lでは、従来よりモーションセンサーおよび筋変位センサーアレイを内蔵した、腕に巻き付けるタイプの触感型デバイス「UnlimitedHand」などを販売している。

同デバイスは、モーションキャプチャーによって手の動きを捉えてVRゲームに情報を入力したり、デバイスから腕に印加される機能的電気刺激によって手の筋肉を収縮させて、ユーザーに擬似的な触感を与える電気的筋肉刺激(EMS)コントロール技術を応用して、ゲームなどの仮想世界を擬似的な触感によって体感できるものだ。

同デバイスでは、皮膚接触電気抵抗を低減するためにハイドロゲル電極を用いているが、装着時の肌の粘着質による不快感や乾燥による硬化、洗浄できないことによる不衛生、また皮膚接触電気抵抗の増大時に交換の手間が発生するなどの課題があった。

今回、NTTと東レが共同開発した機能素材「hitoe」を、従来のゲル電極の代替として採用。これにより装着時の不快感は解消され、乾燥による劣化も発生しなくなる。また、洗濯可能な素材であるため衛生面での課題も解消される。

さらに、従来のゲル電極では利用者の肌の状態によって十分な疑似触感が得られない場合があったが、同素材を用いることで触感呈示の性能が向上し、それらの問題も改善された。

今後H2Lでは、個人向けのゲーム開発者ツールから、VRテーマパークなどのアミューズメント施設運営企業とのタイアップによるエンターテイメント企業向けなどへと、展開を加速していく予定だ。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

fabcross
meitec
next
ページ上部へ戻る