トヨタ、モビリティサービス専用次世代電気自動車「e-Palette Concept」をCESに出展

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

トヨタ自動車は2018年1月9日、移動や物流、物販などさまざまな目的に活用できるモビリティサービス専用次世代電気自動車「e-Palette Concept」を、米国で開催の「2018 International CES」に出展すると発表した。

e-Palette Conceptは、移動手段をサービスとして提供する「MaaS」(Mobility as a Service)を前提として開発された専用のEV。移動や物流、物販など様々なサービスに対応可能だ。将来的には複数のサービス事業者による車両の相互利用や、複数のサイズバリエーションを持つ車両による効率的な輸送システムなどのような、サービスの最適化を目指しているという。

e-Palette Conceptでは、同社の車両制御インターフェースを自動運転キット開発会社向けに開示。自動運転キット開発会社が、キット開発に必要な車両状態や車両制御などの情報を、モビリティサービスプラットフォーム(MSPF)上で取得できるようにする。車両制御インターフェースは外部からのサイバーセキュリティー対策だけでなく、車両制御指令コマンドの安全性を確認するためのガーディアン(高度安全運転支援)機能を備える。

車両情報は、通信ネットワークを通じて同社のデータセンターに蓄積される。この車両情報に基づき、リースや保険等の各種ファイナンス、高度な車両メンテナンスなどを提供する他、MSPF上で車両状態や動態管理などをモビリティサービス事業者が活用できるようにする。

専用のEV車両は、低床、箱型でバリアフリーデザインによるフラットな空間が特徴で、ライドシェアリングやホテル、リテールショップなどの利用目的に応じた設備を搭載できる。さまざまな仕様に対応できるよう全長が異なる3サイズが用意されている。

2018 International CESは、2018年1月9日~12日の間、米国ネバダ州ラスベガスで開催している。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

fabcross
meitec
next
ページ上部へ戻る