TDKと旭化成エレクトロニクス、高精度TMR 3軸磁気センサーを開発

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

TDKと旭化成エレクトロニクス(AKM)は2018年1月9日、高精度TMR 3軸磁気センサーを開発したと発表した。

TMR(磁気抵抗効果)は、量子力学のトンネル現象に由来し、これを応用した素子は、感度を示す磁気抵抗率が従来よりも高く、高密度の信号をより正確に読み取ることができる。

今回開発されたセンサーは、TDKによるTMR素子の技術と、AKMが電子コンパスで培ったASIC(特定用途向け集積回路)の設計技術を融合。低ノイズ、低消費電流を達成し、小型パッケージが可能となった。また、微小な磁場の変化を精度高く検出できるため、地磁気または磁場発生器を頼りに、高精度の位置と姿勢の検出が可能だ。

同社は、同センサーの用途として、スマートフォンや各種ウェアラブル機器などの小型電子機器を想定。さらには、ゲーム機のコントローラーなど、より高い位置・姿勢精度を求めるVR(仮想現実)、AR(拡張現実)、MR(複合現実)にも適用できるとしている。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

fabcross
meitec
next
ページ上部へ戻る