三菱日立パワーシステムズの空気冷却式ガスタービンの発電効率が64%に到達

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

J形ガスタービン

三菱日立パワーシステムズは2018年1月22日、同社の主力ガスタービンJ形の最新機種である空気冷却方式のJAC(J-series Air-Cooled)形ガスタービンが、発電効率64%に到達したと発表した。

同社の60Hz用のJAC形ガスタービンは、排熱利用による蒸気タービン発電との複合サイクルで57万5000kWの発電能力を備えている。旧式の石炭火力発電設備をJAC形ガスタービンに置き換えることで、CO2の排出量を約70%削減できるという。

また、同社高砂工場に設置された実証設備複合サイクル発電所において、99.5%の信頼性を示しながら1万4000時間以上のJAC形ガスタービンによる商業運転を継続している。

同社では、2004年から発電効率65%の目標を設定して自社技術で追求。2011年にJ形ガスタービンの実証運転を開始し、2016年12月には空気冷却方式を採用したJAC形を市場投入した。J形ガスタービン全体の累計稼働時間は、実証運転の開始から計50万時間に到達しており、これは、同出力帯のガスタービンでは業界をリードするもので、長時間にわたる運転実績から信頼性が確認されるとしている。また、これまで47基のJ形ガスタービンを世界中で受注し、うち41基が出荷済み、26基が商業運転を開始しているという。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

fabcross
meitec
next
ページ上部へ戻る