IHIのリージョナルジェット用エンジン向けモジュール「CF34」が累計出荷台数5000台を達成

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

CF34エンジン

IHIは2018年1月29日、70~110席クラスのリージョナルジェット(地域間航空機)に搭載されている民間航空機エンジン「CF34」のモジュールが累計出荷台数5000台を達成したと発表した。

CF34は、米GEが中心となって開発、設計、製造を行っている国際共同開発事業で、カナダのBombardier、ブラジルのEmbraer、中国のComacなどの主要なリージョナルジェットに独占搭載されている。経済性、信頼性の高さから、世界150社以上の航空会社に採用されている。

IHIでは、この国際共同開発事業に参画して、低圧タービンモジュール、高圧コンプレッサ後段部分、シャフトなどエンジンの主要部位を担当している。さらに、エンジン整備や、運航中のエンジン性能をモニタリングして運航計画の最適化を支援するサービスを手掛けており、エンジンのライフサイクル全般にわたるサービスを提供している。

CF34には2シリーズがあり、CF34-8シリーズは推力1万4500ポンドで70人〜100人クラス向け。BombardierのCRJ700/900/1000やEmbraerのE170/175で採用され、2001年に運航開始している。CF34-10シリーズは推力2万ポンドで80人〜110人クラス向け。EmbraerのE190/195やComacのARJ21で採用され、2005年に運航開始している。

IHIではこれまで、リージョナルジェットから大型機まで幅広い航空機のエンジンを手掛けてきた。現在はBombardierが開発中のビジネスジェットGlobal7000に搭載される「Passport20」エンジンや、米Boeingが開発中の次世代大型旅客機「777X」に搭載される「GE9X」エンジンなどの新機種の開発にも取り組んでいる。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

fabcross
meitec
next
ページ上部へ戻る