マツダ、「CX-5」を商品改良――ガソリンエンジン「SKYACTIV-G 2.5」に「気筒休止」技術を初採用

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マツダは2018年2月8日、クロスオーバーSUV「マツダ CX-5」を商品改良し、3月8日に発売することを発表した。高効率直噴ガソリンエンジン「SKYACTIV-G 2.0」「SKYACTIV-G 2.5」に「エッジカットピストン」や「低抵抗ピストン」などの新技術を採用したという。

SKYACTIV-G 2.0/SKYACTIV-G 2.5ともに、耐ノック性を向上させるため、ピストンのエッジカット形状の変更や排気ポート形状を見直した。さらにピストンスカート部の形状を最適化した低抵抗ピストンを採用することで、機械抵抗を低減させた。

新ノズル付き拡散インジェクターを採用し、噴霧を改善した。高拡散噴霧により燃料がシリンダー壁面に付着する前に気化することで燃焼が効率的に行われ無駄がなくなるほか、より正確な燃料噴射制御が行える新PCM(Powertrain Control Module)を採用することで、排出ガス中の粒子状物質(PM)を低減し、環境性能も向上させた。また、冷却水の流量をコントロールすることでシリンダーからの熱逃げを削減し、暖気効率を高めた。

さらに、SKYACTIV-G 2.5には「気筒休止」技術を同社として初めて採用した。同技術は、高速道路やバイパスでの走行など、アクセルペダルを軽く踏みながら一定速度で走っている際に4気筒のうち2気筒を休止させるもの。これら新技術の搭載により静粛性や環境性能の向上だけでなく、最大トルクを450N・mに高めるなど、走行性能も向上した。

そのほか、「CX-8」と「デミオ」に搭載していた自車位置演算ユニットを全グレードに搭載し、従来のGPS衛星のみでは難しかった高層ビルの多い場所や、高速道路の高架下などでの自車位置測位と表示をより正確化した。また「車速感応式オートドアロック(衝撃感知ドアロック解除システム付)」を全グレードに標準装備するなどの改良も施された。

ガソリンエンジン搭載モデルの希望小売価格は249万4800円~321万3000円(いずれも税込)で、同日より全国のマツダ販売店を通じて予約を開始した。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

fabcross
meitec
next
ページ上部へ戻る