JIS準拠のアルミ合金「ADC12」の造形レシピを開発――金属3Dプリンターの国内活用を促す一歩に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

白銅、東京理科大、キヤノンマーケティングジャパンは2018年2月13日、日本で広く利用されているJIS規格準拠のアルミダイキャスト合金「ADC12」の金属3Dプリンター用造形レシピを開発したと発表した。

ADC12は、国内でアルミ製品として最も需要が高いという。3社はADC12を金属3Dプリンターで利用できるように、約10カ月をかけて造形パラメーターを開発した。

ADC12を使った造形物は、強さやしなやかさなどの面でバルク材を上回る機械特性を持つ。白銅が2018年4月から、ADC12を使った造形サービスを開始する計画だ。

これまで金属3Dプリンター用造形材料の多くは、欧米のプリンターメーカーが供給する欧米市場向けのものだった。これらの造形材料は、日本の製造業ではあまり使われていないものが大半で、日本企業が金属3Dプリンターを活用を検討する際、最初のハードルになっていたという。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

fabcross
meitec
next
ページ上部へ戻る