パワフルだけど卵もつかめるアバターロボット「MELTANT-α」――繊細で力強い手の動きを再現

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メルティンMMIは2018年3月12日、生体模倣によって繊細かつ力強い手の動きを再現したアバター(分身)ロボット「MELTANT-α」を開発したと発表した。

同社はこれまで、身体の動作を忠実に解析する「生体信号処理技術」および生体模倣から着想を得た「ロボット機構制御技術」を活用したサイボーグ技術によって、実用可能な「筋電義手」を開発してきた。今回開発したMELTANT-αは、それらのサイボーグ技術を生かして開発したアバターロボットのコンセプトモデルだ。

人の手は、複数の筋肉群が複数の関節を動かすことで動作する。MELTANT-αの手の動作構造は人の筋肉と腱の構造を徹底的にリサーチし、人の手を生物模倣することから着想を得ている。

MELTANT-αは人の手の複雑な動作をワイヤー駆動によって再現。従来のロボットにはなかった力強く繊細な動きを、人の手と同等のサイズや重量で実現させた。同社によると、このような人の手が持つ繊細さや器用さ、力強さなどの特徴を、1つの手で構成できる技術は、世界でも前例のない新しいものだという。

MELTANT-αは、片手で2kgのボルトを持ち上げたり、両手で4kg以上の物体を支えることが可能だ。ワイヤー駆動による技術のために、油圧などの他のアクチュエーターと組み合わせることもできる。また、従来のワイヤー駆動制御では難しかった卵を割らずにつかんだり、ペットボトルのキャップを開けたりするような緻密な動作もできる。

その他、1万8900km離れた場所から操作が可能な遠隔操作性や、人の手の動作速度をほぼ遅延なく再現するリアルタイム性、高い耐故障性とフェイルセーフ機能によって過酷な環境でも作業できる耐久性を持つ。また、力覚をフィードバックすることで力加減の調整も可能だ。

同社では、MELTANT-αをベースにハンド単体、ハンドアームおよび全身の3タイプのプロダクトを、災害や高所、深海などの危険環境や極限環境向け、アバター出張やアバター旅行などのリモートワークや観光向け、また遠隔手術などの医療福祉向けなどに展開する予定だ。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

fabcross
meitec
next
ページ上部へ戻る