耐久性を向上させ、走行可能距離を延長――グッドイヤー、電気自動車の性能を向上させるタイヤ技術を発表

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

グッドイヤーは2018年3月15日、2018年の「ジュネーブ国際モーターショー」において、「Electric Drive Technology」(電気駆動技術)を搭載した試作タイヤ「EfficientGrip Performance」(エフィシェントグリップ パフォーマンス)を披露したと発表した。電気自動車市場に向け開発したもので、2019年までの導入を目指すという。

同社によれば、電気自動車に従来のタイヤを用いた場合、電動モーターからの強力なトルクの立ち上がりと重いバッテリーパックの付加重量により、最大で30%早く摩耗する可能性があることが試験により明らかになったという。そのため自動車メーカーは、電気自動車に用いるタイヤに対して耐久性に加えて転がり抵抗の低減を求めており、さらに多くの国では、電気自動車の充電スタンドインフラが未発達のため、走行可能距離の延長も優先順位が高いとしている。

EfficientGrip Performanceのトレッド部には、より薄いサイプ(小さな溝)が刻まれており、路面に対しこれまでよりも横方向に広い面積でトレッドゴムが接触できる。そのため、濡れた路面でも高いグリップ性能を維持しながら高いレベルのトルクを実現する。また、このトレッド設計は音波がトレッドの溝に入るのを防ぐため、タイヤの車内音および通過ノイズも低減するという。

最適なトレッド接地形状を維持しながら、バッテリーによる車両への付加重量に対応するよう最適化されたタイヤの空洞形状に加え、トレッドコンパウンドの材料は、超低転がり抵抗を実現するよう調整されており、高レベルのトルクに対応しながら車両の走行可能距離の延長に寄与する。また空気力学的抵抗を低減するよう設計されたサイドウォール、回転質量を低減するプロファイルもエネルギー消費の低減に一役買っているという。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

fabcross
meitec
next
ページ上部へ戻る