FAロボットの世界市場、2025年に3兆規模と予測。2017年比の約3倍 富士経済

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

富士経済は2018年3月26日、FA(ファクトリーオートメーション)ロボットの世界市場の調査結果を発表した。

同調査では、2017年の市場規模1兆821億円に対して、2025年には3.1倍の3兆3140億円になると予測している。

2017年のFAロボット市場は、労働力不足や人件費高騰を背景にした自動化ニーズが加速。中国を中心に拡大し、前年比23.7%増の1兆821億円となった。中国においてはEMSやスマートフォン、自動車関連分野においてロボットへの設備投資が好調だ。

2018年は、AI技術の活用によるプログラム工数削減やバラ積みピッキング、検査工程など、ロボット化が困難だった工程での自動化案件が増えてくることから、引き続き市場拡大が見込まれる。

その後も、ヒト協調ロボットなどの新しいロボットの普及拡大や、IoTやAI技術の活用による工場のスマート化が寄与して市場拡大が進み、2025年には3兆3140億円まで市場規模を拡大すると予測する。

同調査では同時にIoT、AI対応コントローラや予知保全システムサービス、ヒト協調ロボットレンタルサービス、製造業向けロボットアフターサービスなどの「FAロボット関連IoT、AIサービス」の市場調査を行った。それによると、同サービスの2017年の市場規模は1034億円。その後、インダストリー4.0などの生産システムが本格稼働する際に導入されることが期待されるIoT、AIコントローラや、市場が活性化しつつあるヒト協調ロボットのレンタルサービスなどを中心に市場が拡大し、2025年には4倍となる4110億円まで達すると予測している。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

fabcross
meitec
next
ページ上部へ戻る