ソフトバンクとNIMS、「NIMS-SoftBank先端技術開発センター」の設置を発表――次世代の革新的電池「リチウム空気電池」の実用化に向けて連携

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ソフトバンクと物質・材料研究機構(NIMS)は2018年4月11日、「NIMS-SoftBank先端技術開発センター」の設置に関する覚書を締結したと発表した。共同研究の第一弾として、次世代の革新的電池であるリチウム空気電池の実用化に向けて連携を開始する。

IoTにおいては、モノから情報を取得するセンシング が非常に重要だ。しかし、これらのセンシングデバイスが長期間動作するためには、高性能な電池が必要不可欠とされる。一方、リチウム空気電池は、空気中の酸素と化学反応することでエネルギーを生成。これまでのリチウムイオン電池に比べ、重量エネルギー密度が5倍以上となる理論上究極の蓄電池とされる。

コインタイプ(左)とスタックタイプ(カットモデル、中央~右)のリチウム空気電池

そこで今回、ソフトバンクとNIMSは、NIMS-SoftBank先端技術開発センターの設置に関する覚書を締結。同センターで、リチウム空気電池の研究開発を重ね、2025年ごろの実用化を目指す。

同電池は軽量なため、さまざまなセンシングデバイスやウェアラブルデバイスなどにも長時間装用、駆動が可能だという。また、大容量の特性を生かしてドローンなどの飛行物体、ロボティクス分野などあらゆる産業への拡張性を持つ電池となることが期待されるとしている。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

fabcross
meitec
next
ページ上部へ戻る