NTN、中国FSATとインホイールモーター駆動システムに関する技術ライセンス契約を締結――軽量化新エネルギー車を量産開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

NTNは2018年4月19日、空冷式のインホイールモーター駆動システム(以下、IWM駆動システム)と車両運動制御技術「i2-Drive System」を開発し、中国の長春富晟汽車創新技術(以下、FSAT)とのライセンス契約を締結したと発表した。NTNが技術支援をし、FSATはIWM駆動システムとi2-Drive Systemを搭載した軽量化新エネルギー車(新エネ車)を2019年より量産開始するという。

これまで電気自動車(以下、EV)の主駆動方式は、エンジン部位に大型電動モーターを搭載した1モーター駆動方式であり、インホイールモーターを搭載した量産EVはなかった。NTNは2003年から次世代EV用にIWM駆動システムの研究開発に着手し、軽量化/小型化に向けた改良を行ってきた。

今回、新エネ車に搭載されるIWM駆動システムは、前輪駆動車に多く採用されている「マクファーソン・ストラット」レイアウトにも搭載できるため、エンジン車のサスペンション部品などの兼用が可能という利点がある。また、IWM駆動システムは減速機の採用によりコンパクト化と軽量化を実現し、併せて空冷式を採用することで構造の簡素化を図っている。インホイールモーターの最高出力は35kW×2で、最大トルクは704Nm×2となっている。

さらにIWM駆動システムを採用することで、駆動輪ごとの直接制御も可能となる。NTNでは各駆動輪のトルクを直接コントロールし、左右輪に駆動力差を生じさせ、発生したヨーモーメント(車両が旋回しようとする力)を制御する独自の車両運動制御技術であるi2-Drive Systemを開発した。また、各種センサーで車両挙動を検知し、車両姿勢が不安定になった場合にも安定性を維持できる。さらに各輪独立の駆動力コントロールによるトラクション制御や回生ブレーキを利用したABS制御も可能だ。

2019年に量産を開始する新エネ車は、2023年には年間30万台の量産を予定しているという。NTNは2018年4月25日から開催される「北京モーターショー2018」(Auto China)にFSATと共同で出展し、この新エネ車を展示する。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

fabcross
meitec
next
ページ上部へ戻る