東ソー、耐ヒートサイクル性能を80%向上させたPPSコンパウンドを開発――自動車の軽量化に貢献

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

東ソーは2018年4月20日、従来品と比べて耐ヒートサイクル性能を80%向上させたPPS(ポリフェニレンサルファイド)コンパウンドを開発したと発表した。

自動車では金属端子や電極など、樹脂成型用金型に金属を挿入して成形(金属インサート成形)される部品が多い。そのため、異なる素材から成る部品の温度変化に対する耐性が重要視される。一方、PPS樹脂は、熱に強く、広い温度領域で高い剛性と強度保持性能を示すため、自動車の軽量化による金属部品の代替や、電動自動車の普及などに伴い、需要の拡大が予想されている。

同社は今回、温度変化に対する耐性を80%向上させたPPSコンパウンドを開発。同製品は、ウェルド強度(溶融樹脂が接着する脆弱部分の強度)や流動性の改良も行っており、製品の薄肉化・複合化時の性能も向上したという。

同社は、この成果により、自動車の更なる軽量化に貢献することが期待されるとしている。また今後は、同製品のサンプルワークを本格的に開始し、量産化を検討していくとしている。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

fabcross
meitec
next
ページ上部へ戻る