富士通、理研に導入したAI研究用計算機システム「RAIDEN」を増強――演算性能54 PFLOPSを達成

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

富士通は2018年4月20日、2017年に理化学研究所に納入したAI(人工知能)研究用計算機システム「RAIDEN(Riken AIp Deep learning Environment)」の設備増強が完了し、稼働を開始したと発表した。この増強により、演算性能が4 PFLOPSから54 PFLOPSに向上したという。

AI研究では現在、用いられるデータのサイズや複雑化するアルゴリズムによって計算時間が増大している。中でも、ディープラーニングでは、より複雑な特徴を捉えることで精度が向上するため、ニューラルネットワークと呼ばれる機械学習手法が大規模で必要とされ、計算量が急激に増大している。

同社は2017年、人工知能研究を発展させるための中核的なシステムとして、ディープラーニングに特化した2種類の計算サーバーとストレージシステムから構成される同システムを納入。それを今回、増強した。詳細としては、GPUサーバーであるNVIDIA「DGX-1」に搭載したNVIDIA Tesla P100アクセラレーターをV100アクセラレーターに改修。また、DGX-1を24台から54台に増設することで、54 PFLOPSの演算性能を達成した。さらに、計算クラスタサーバーとして、「FUJITSU Server PRIMERGY RX2530 M2」32台に加えて、「FUJITSU Server PRIMERGY CX2550 M4」64台を新たに導入。大容量データを扱う計算サーバー「FUJITSU Server PRIMERGY RX4770 M4」1台も追加した。

同社は、同システムの演算性能は国内最大規模であるとし、この構築により国内最先端のAI研究を支援していくとしている。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

fabcross
meitec
next
ページ上部へ戻る