SKF、自動潤滑システム用ろ過フィルターを発売――グリース充填時の汚染を最小限に抑える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SKFは2018年4月25日、Lincoln(リンカーン)小型グリースリザーバー用充填フィルターを発売したと発表した。

同製品は、同社の潤滑製品群に新たに加えられたろ過フィルター。小型リザーバーへのグリース充填中に自動潤滑システムに侵入する汚染物質を最小限に抑え、リザーバーとシステム内のグリースを清潔に保つ。

グリースはインレットから注入され、フィルターを通過した後、リザーバーの充填口と接続されたホースへと流れる。フィルターが詰まってくるとインジケーターピンが後退して、清掃が必要であることを知らせる。フィルターを清掃しない場合、グリースは回収容器の方へ送られるが、リザーバーへは注入されない。

取り付けは容易で、250または500ミクロンの耐衝撃フィルターを内蔵し、清掃も簡単にできる。小型で取り付け場所も選ばない。充填速度は最大毎分8リットル(用途、グリースのタイプ、周囲温度によって異なる)、動作圧は344バールとなっている。

建設機械、小型掘削機、工業全般、風力発電、長距離輸送トラック、建設および農業などの用途に適している。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

fabcross
meitec
next
ページ上部へ戻る