NTN、プロペラシャフト用小型しゅう動式等速ジョイントを開発――SUVの低燃費化・軽量化に貢献

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

NTNは2018年4月27日、世界最高水準の小型・軽量プロペラシャフト用しゅう動式等速ジョイント「HEDJ-P」を開発したと発表した。HEDJ-Pは、High speed Efficiency compact Double offset Joint for Propeller shaftの略。

プロペラシャフトは4WD車などに使用され、トランスミッションの回転を車両の前後方向に伝達する役割を果たす。また、近年の高級乗用車やSUVでは、NVH(騒音、振動、乗り心地)を重視するため、プロペラシャフト用等速ジョイントの適用が増加している。

今回、開発のベースとした従来品HEDJは、NVH特性のバランスが優れているメリットのほか、車両設計の自由度を高めるため、スライド量と作動角が大きく取れる。そのため、車両搭載性の面でも優位であり、使用角度が大きいSUVに適していたという。

そこで同社は、HEDJをプロペラシャフト専用として再設計し、「HEDJ-P」を開発。さらなる外輪の小径化や内輪の薄肉化などを追求した。その結果、HEDJに対して同等性能を確保しながら17%の軽量化、6%の外径コンパクト化を達成した。

同社は今後、同製品をグローバルに提案・市場展開し、車両設計の自由度向上や低燃費化、高速化に小型・軽量化の技術で貢献するとしている。なお、同開発品は5月23日~25日にパシフィコ横浜で開催される「人とくるまのテクノロジー展2018」に出展する予定だ。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

fabcross
meitec
next
ページ上部へ戻る