太陽誘電、世界最薄となる0.09mm厚の低背積層セラミックコンデンサ「PMK063LBJ104MN」を商品化

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

太陽誘電は2018年5月17日、世界最薄となる0.09mm厚を実現した低背積層セラミックコンデンサ「PMK063LBJ104MN」を商品化すると発表した。従来最薄であった同社の「JMK063 BJ104ML」と比較して約18%の薄型化に成功、スマートフォンやウェアラブル端末などのIC電源ライン向けデカップリング用途を想定している。

スマートフォンやウェアラブル端末などに搭載されるICの周囲には、デカップリング用途に積層セラミックコンデンサが使用されている。近年では機器の薄型化や多機能化、バッテリーの大型化などに伴い部品の実装面積は小さくなっており、搭載する電子部品のさらなる小型化や高密度実装が求められていた。

そこで同社は、従来のシート薄膜技術をさらに高度化しPMK063LBJ104MNを商品化した。同製品のサイズは0.6×0.3×0.09mm(高さは最大値)で、静電容量は0.1μF、温度特性はX5R、定格電圧は2.5Vだ。同社は2018年5月より群馬県の玉村工場にて月産100万個体制で量産を開始、サンプル価格は20円としている。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

fabcross
meitec
next
ページ上部へ戻る