NTN、ステアリング補助機能付きハブベアリング「sHUB」を開発

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

sHUB

NTNは2018年5月21日、ステアリング補助機能付きハブベアリング「sHUB」を開発したと発表した。

従来のステアリング装置は、ハンドル操作の角度によって転舵するタイヤが一定の角度になるように設定されている。このため、走行しながら直進やコーナリングなどの走行条件によって最適な設定に変更することはできなかった。

今回開発したsHUBは、ステアリング装置を変更せずに車両の前輪転舵、懸架装置に取り付け可能で、左右各輪の転舵角度を個別に補正できるモジュール商品だ。

運転時のハンドル操作角度と車速のデータを基にタイヤの転舵角度を最適に補正し、車両のコーナリング性能や高速直進時の安定性を向上させる。また、スリップなどの非常時の車両姿勢を安定化させるとともに、燃費も改善するという。

車両運動制御に関しての神奈川大学との共同研究において、sHUBに最適な制御方法を導出。実際の車両を用いた実験では、運転時のハンドル操作量が最大で4割低減、車両応答性が約5割改善した。

最大転舵角度は±3.5度、転舵角速度が16度/秒以上、最大転舵トルクは350N・mだ。

同社は、2018年5月23日~25日にパシフィコ横浜で開催される「人とくるまのテクノロジー展2018」に同製品を出展する予定だ。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

fabcross
meitec
next
ページ上部へ戻る