NSK、「樹脂ピン式内部収縮ステアリングコラム」を発売――自動車の安全性や快適性、燃費が向上

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

樹脂ピン式内部収縮ステアリングコラム

日本精工は2018年5月22日、「樹脂ピン式内部収縮ステアリングコラム」を開発し、発売を開始したと発表した。衝突安全性を向上させ、かつ軽量で高い振動剛性を有するという。

ステアリングコラムは、自動車の3大機能”走る””曲がる””止まる”の、”曲がる”を司る部品だ。さらに、事故時にはコラム自体が縮むことで、ドライバーへの衝撃を吸収する安全性能も有している。

同製品は、離脱構造をコラムパイプ部に設定することで、コラム構造体の離脱荷重のばらつきを25%低減。衝突に対して安定して衝撃を吸収し、安全性が向上した。

また、この離脱構造の変更により部品数が減り、形状も簡素化した。これにより、従来比で約15%(約560グラム)軽量化し、燃費向上が期待できるという。

さらに、チルトブラケットを最適に設計することで、振動剛性が従来比で約11%(7Hz)向上。外部からの振動を感じにくくなり、ハンドル操作の安定性や快適性が高まった。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

fabcross
meitec
next
ページ上部へ戻る