星光PMCが開発したCNF複合材料「STARCEL」が最新ランニングシューズに採用

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は2018年6月1日、NEDOプロジェクトの成果をもとに開発されたセルロースナノファイバー(CNF)複合材料「STARCEL」が最新ランニングシューズに採用されたと発表した。

CNFは、持続型木質バイオマス資源由来の、軽量、高強度、低熱膨張のナノ繊維で、樹脂補強繊維としての利用が期待されている。

一方、京都大学らの産学連携グループは、CNF補強の樹脂材料の開発と、変性セルロースをポリエチレン(PE)やポリプロピレン(PP)などの樹脂と混練し、同時にナノ解繊する製造プロセス(京都プロセス)の開発を実施。さらに、同成果をもとに星光PMCは独自に改良を重ね、CNF複合材料の製品化に成功。STARCELとして、2018年1月から商業生産を開始していた。

STARCEL製造プロセス

そして今回、STARCELは、アシックスの最新ランニングシューズ製品「GEL-KAYANO 25」のミッドソール部材の原材料の一部に採用され、世界規模で発売開始となった。GEL-KAYANO 25のミッドソールには、軽量性とクッション性を兼ね備えた発泡素材「FlyteFoam Lyte」が使われており、この原材料の一部にCNF複合材料STARCELが採用された。またこれは、CNF適用シューズとして世界規模で発売開始となった世界初の商品化例だという。

NEDOは、同材料はスポーツ用品だけでなく、自動車や家電、建材など、さまざまな分野への応用が期待されていると説明。また、今後は、CNFの一貫製造プロセスの開発を引き続き推進し、これらの用途への社会実装に向けた取り組みを進めるとしている。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

fabcross
meitec
next
ページ上部へ戻る