アウディ、フルカラー&マルチマテリアル3Dプリンティング技術を導入

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ストラタシス・ジャパンは2018年6月12日、プラスチック3Dプリンティングセンターを有する独アウディのプレシリーズセンターが、同社の世界唯一のフルカラー&マルチマテリアル3Dプリンタ「Stratasys J750」を導入すると発表した。これにより、テールライトカバー試作のリードタイムの最大50%削減が期待できるという。

アウディは、新車の生産を開始する前に、プレシリーズセンターでブランドの物理モデルとプロトタイプを作成し、新デザインとコンセプトの全体的な評価を行っている。そのため、製品開発の初期段階でホイールカバーやドアハンドル、フロントグリルなどの大半のパーツの割り当てをする必要がある。

今後、新車設計やそのプロトタイプの製作にはプラスチック3Dプリンティング技術を用いるという。これにより、成形や切削といった従来の手法を用いた場合よりも設計や検証の期間を短縮できる。

テールライトカバー

テールライトカバーに関しても、Stratasys J750を導入。全面的に透過性のあるマルチカラーのテールライトカバーを一度のプリントで作成できるようになる。これまでは担当チームが切削や成形などの手法で個々にパーツを作製していた。しかし、マルチカラーのテールライトカバーは単一パーツとして作ることができず、それぞれ異なるカラーの複数パーツを作製し組み立てる必要があるため、大変手間がかかるプロセスだった。同プリンターの導入により、最大で50%の時間削減を期待している。

Stratasys J750は50万色以上の組み合わせが可能。さらに、高精細カラーで様々な質感を再現する透明パーツを3Dプリンティングで作成できる。アウディの設計承認プロセスの厳しい要件に適合し、設計通りの質感とカラーをプロトタイプとして再現できることが導入の決め手になったという。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

fabcross
meitec
next
ページ上部へ戻る