曙ブレーキ、「新構造ブレーキキャリパー」を開発――自動車電動化に対応し環境保全に配慮

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新構造ブレーキキャリパー

曙ブレーキ工業は2018年6月13日、既存のAD型ディスクブレーキの構造を大幅に見直し、自動車の電動化への対応と地球環境保全に配慮した「新構造ブレーキキャリパー」を開発したと発表した。

同社では、ブレーキの軽量化や容量の強化、錆問題に対応して、1978年に独自技術を用いてAD型ディスクブレーキ(フローティングタイプディスクブレーキ)を開発。さらに高性能車用ディスクブレーキ(オポーズドタイプディスクブレーキ)の開発を行ってきた。今回開発した製品は、これらの技術ノウハウをベースとしている。

自動車の電動化で、ブレーキに対しては制動力の安定化や軽量化、低引き摺りに貢献する製品開発が求められている。これに対応して、同製品は、素材にアルミを用いることで最大30%軽量化し、一層の燃費向上に貢献する。また、既存製品に対してブレーキパッドの偏摩耗を1/5程度に低減した。さらに、車両搭載性やデザイン性も考慮された製品となっている。

今後同社では、年内に開発を完了させ、2019年に生産体制を構築する予定だ。将来は同製品を軸として従来の技術と新たな技術の融合、発展を図り、電動ブレーキキャリパー、商用車用、産業機械用ブレーキキャリパーなど幅広い製品に新技術を展開していく。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

fabcross
meitec
next
ページ上部へ戻る