世界最速級の音の立ち上がり、立ち下がり速度を実現――富士フイルム、クリアな音質と自然な音場感を生み出すスピーカー技術「Φ」を開発

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

富士フイルムは2018年6月14日、生演奏に近いクリアでキレのある音質と自然な音場感を生み出すスピーカー技術「Φ(ファイ)」を開発したと発表した。

一般的なスピーカーは、振動板を磁石とコイルで振動させることで音を発生させる。一方、同社はこれまで写真フィルムで培ってきた材料設計技術や分散技術、精密塗布技術を活かして、磁石やコイルなしに電気信号で直接振動する電気音響変換フィルム「B.E.A.T.」を開発し、応用検討を進めてきた。

今回、同社はB.E.A.T.をスピーカーの振動板に採用し、その背面に吸音材を充填し独自のユニット構造を形成。音の立ち上がり速度、立ち下がり速度のそれぞれで世界最速クラスの0.1ミリ秒以下を実現した。

さらに、薄型のスピーカーユニットを4個用いて柱状の多面体構造とすることで、水平面内において360°全方向に音を放射でき、幅広い音域で均一な音の広がりを可能にした。これにより、人間の声や楽器の音など1点から全方向に向けて音が発生する「点音源・全指向性」の特性に近い自然な音場感を実現した。

同社は、2018年6月16日と17日に東京国際フォーラムで開催される国内最大級のオーディオ展示会「OTOTEN」にて、この技術を用いた試聴用スピーカーとサブウーファーを組み合わせた2.2チャンネルオーディオシステムの体験試聴会を実施する。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

fabcross
meitec
next
ページ上部へ戻る