NTN、手首関節モジュール「i-WRIST」を量産開始――高速/高性能な外観検査の自動化と省スペース化を実現

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

NTNは2018年6月22日、外観検査用途の手首関節モジュール「i-WRIST」の量産を2018年8月に開始すると発表した。

労働人口の減少に伴い、これまで人手に頼ってきた外観検査などの自動化の需要拡大が予想されている。しかしそのためには、人間の手首と同じような動きで高速に動作し、広い可動角度範囲を持つ、角度位置決め装置が必要とされる。

同社は2012年、小型で広い可動角度範囲を備え、高速/高精度な角度位置決めを可能にした「パラレルリンク型高速角度制御装置」を開発。2014年には、同装置のさらなる高速化/高精度化とメンテナンス性の向上も実現させていた。

そして今回、従来の装置から稼働範囲を広げ、半球面全方向に対して任意の位置に高速に位置決め可能な装置を新たに開発。名称をi-WRISTに変更し発表した。同装置により、人が行っていた複雑形状や半周面の外観検査作業を置き換えることが可能となり、わずか8秒で60カ所の外観検査ができるという。また、XYZステージを組み合わせた構成でカメラや照明を搭載すると、対象検査物に対して真横からのカメラ撮影も可能となる。同社の専用コントローラーと専用コンソールを使うことで、作業者が複雑な数値演算をすることなく、容易なティーチング操作も可能だ。

同社は、さらなる用途展開として、グリース塗布装置、洗浄装置、塗装装置などの人手作業の代替も想定。また今後も、生産現場の自動化や省人化とともに、生産性や品質のさらなる向上に寄与する商品を開発し、社会に貢献していくとしている。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

fabcross
meitec
next
ページ上部へ戻る