Rolls-Royceのビジネスジェット向け新エンジン「Pearl 15」――Bombardierの最新鋭機「Global 5500/6500」に搭載

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

英Rolls-Royceは2018年5月28日、カナダの航空機メーカーBombardierの最新ビジネスジェット「Global 5500」「Global 6500」向けの「Pearl 15」エンジンを発表した。ビジネスジェット向けエンジン「Pearl」ファミリーの最初の製品となる。

最高速度はマッハ0.9。全体圧力比43:1、バイパス比4.8:1、推力1万5125lbf(67.3kN)だ。燃料消費率は7%改善し、同クラスのエンジンと比べてもNOx排出量を最小限に抑えた。

コアエンジンは、実績のある同社製エンジンBR700をベースにしつつ、Advance2の最新技術を搭載。高圧縮比や高温にも耐えられるように、ニッケル合金と特殊セラミックコーティングを採用した。

2段高圧タービンは、空力性能とブレードの冷却性を強化。ケース冷却システムを最適化し、効率を上げて燃料消費を削減した。3段低圧タービンは、高温材料を用いることで、重量と燃費を抑えながらファン出力を増加した。

Pearl 15は、同社が掲げるビッグデータとクラウドベースの分析を利用した「インテリジェントエンジン」構想に基づいて開発されたエンジン。振動検知機能付きヘルスモニタリングシステムや遠隔診断機能、双方向通信機能を使って、地上からエンジンの監視ができる。

Global 5500/6500は2019年末までの就航を計画。同社はこれまでに約1700基のエンジンをBombardierに納入している。

関連リンク

Rolls-Royce celebrates launch of new Pearl engine family
Pearl 15

関連記事

fabcross
meitec
next
ページ上部へ戻る