ジェイテクト、高耐熱/低温性を両立する高耐熱リチウムイオンキャパシタの量産計画を発表

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ジェイテクトは2018年6月28日、2019年より開始を予定している高耐熱リチウムイオンキャパシタの量産計画を発表した。2019年4月に同社の東刈谷事業場で月2000セルを生産開始し、2019年秋には花園工場でも月4万セルを生産する。

燃費規制の拡大や高度運転支援/自動運転の普及を受け、省エネ/自動運転化に大きく貢献する電動パワーステアリング(EPS)の適用範囲の拡大が求められているが、大型車両へのEPS搭載には12Vの車両電源では出力が不足していた。

そこで同社は2017年、キャパシタと充放電コントローラーを従前のEPSに付加することで、車両電源の12Vにキャパシタからの6Vの電圧を付加し18Vの高出力化を実現。EPSの補助電源装置、高耐熱リチウムイオンキャパシタを開発した。

今後は、同社の既存製品に搭載して拡販を進めるとともに、製品単独での販売も計画している。さらに、キャパシタの単体販売やバランス回路を組み合わせたモジュール販売、充放電コントローラーも組み合わせたシステム販売も行う予定だ。また、EPSの補助電源装置としてだけではなく、自動運転でのバックアップ電源などの自動車領域での用途拡大を目指すという。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

fabcross
meitec
next
ページ上部へ戻る