IHI、戦闘機用ジェットエンジンのプロトタイプ「XF9-1」を納入

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

IHIは2018年6月29日、将来の戦闘機用を目指した推力15トン級ジェットエンジンのプロトタイプエンジン「XF9-1」を、防衛装備庁航空装備研究所に納入したと発表した。

同社は2010年度、世界最先端技術を取り入れた戦闘機用エンジンを提案し、圧縮機、燃焼器、高圧タービンの試作などの要素研究を実施。2013年度には、エンジンの中心部であるコアエンジンを設計製造し、高圧タービン入口温度1800℃の作動健全性を確認していた。

そして今回、コアエンジンをベースとして前部にファン、後部に低圧タービン、アフターバーナー、排気ノズルを装着したXF9-1を設計し、製造した。なお、XF9-1の全長は約4.8mで、入口直径は約1m、最大推力の仕様は、アフターバーナー作動時で15トン以上、非作動時で11トン以上となっている。

同社は、今回納入したプロトタイプエンジンを万全の態勢でサポートし、引き続き世界に誇る技術を発展/統合させ、戦闘機用エンジン研究開発の技術基盤の構築を図っていくとしている。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

fabcross
meitec
next
ページ上部へ戻る