キヤノン、出荷検査基準を厳格化した1.2億画素CMOSセンサー「120MXSM」を発表

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

120MXSM

キヤノンは2018年7月10日、出荷検査基準をより高めたモノクロ対応の1.2億画素CMOSセンサー「120MXSM」を同年7月下旬より発売すると発表した。高精細化しているFPD(フラット・パネル・ディスプレイ)の検査を行うパネルメーカーや、検査用カメラを設計/製造するメーカーのニーズに応えた。

製造現場で超高解像度センサーを搭載した検査装置の導入が進む中、高精細化が進むFPDの検査で用いる産業用カメラでも、高解像で、厳しい出荷検査基準を満たしたセンサーのニーズが高まっている。今回の新製品は、そうしたニーズに対応して出荷時の検査基準をさらに高めた、APS-Hサイズ(センサーの撮像画面サイズ約29.2×20.2mm)のCMOSセンサーだ。

解像度はフルHD(1920×1080画素)の約60倍にあたる。また、多数の画素から信号を高速で読み出す並列信号処理技術により、最高速度11.3Gbpsで1秒間に最高約9.4コマ出力できる高速読み出しが可能だ。画像のトリミングや電子ズームを行っても、高精細で鮮明な画像を得ることができ、高精細画像の連続撮影や、動体撮影にも対応できる。

今回の製品開発にあたり、キヤノンでは、より高い基準の高精細パネル検査に向けた品質基準を満たすセンサーを抽出する出荷検査アルゴリズムを開発。センサーの画素の点欠陥や画素に隣接した傷、非常に狭い範囲の画素群を覆うような傷などの欠陥をさらに高水準で見つけ出すことが可能となった。今後、大型有機ELパネルや8Kパネルなど、次世代の超高精細パネル検査での活用が見込まれる。

1.2億画素CMOSセンサーのラインアップには、カラー対応の「120MXSC」もあり、検査用途以外にも、映像制作やデジタルアーカイブ、特殊監視などの用途でも活用できる。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

fabcross
meitec
next
ページ上部へ戻る