ソニー、0.37型フルHD反射型液晶ディスプレイデバイスSXRDおよび専用駆動LSIを商品化

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「SXRD241A」(下)と「CXD3554GG」(上)

ソニーは2018年7月18日、ポータブルプロジェクター用ディスプレイデバイスとして、フルHD解像度で世界最小サイズ(同社調べ)の0.37型反射型液晶ディスプレイデバイスSXRD「SXRD241A」および専用信号処理駆動LSI「CXD3554GG」を商品化すると発表した。

ソニーが開発/提供している反射型液晶ディスプレイSXRD(Silicon X-tal Reflective Display)の新製品となるSXRD241Aは、画素ピッチを従来商品の6μmから4.25μmに約30%縮小し、0.37型でフルHD解像度(1920×1080画素)を実現。一般的にプロジェクター用のディスプレイデバイスは、画素ピッチを狭くすると、画素電極下の半導体素子への光漏れで画質が悪化しやすくなるが、遮光層の追加や画素構造の最適化により、遮光特性を大幅に向上させた。

遮光構造の比較イメージ 新商品(左)と従来品(右)

また、RGBの光源を順番に高速で切り替え、そのタイミングに合わせて液晶を駆動させる時間分割の駆動方式を採用し、1つのパネルでフルカラー表示を可能にしている。その他、高反射率を実現する狭画素電極間構造や、液晶層への光乱反射を低減する画素間平坦化技術、無機配向技術を用いたノーマリーブラックモードなど、4Kハイエンドホームプロジェクター向けの独自技術を採用し、高解像度や高コントラスト性能、高輝度を実現している。

新商品(フルHD)(左)と従来品(WXGA)(右)

専用駆動LSIのCXD3554GGは、固定スクリーンへの投影に必要な台形補正機能に加えて、新たに幾何補正とエッジブレンディングの機能を内蔵した。幾何補正機能は、投影面が曲面でも歪みの無い映像に補正できる。またエッジブレンディング機能は、複数台のプロジェクターを使用した際に、つなぎ目を感じさせない1つの映像を表示できる。これら機能により、ポータブルプロジェクターの設置自由度を高めている。

サイズは12×12×1.4mm、パッケージはLFBGA 289pin(0.65mmピッチ)、電源電圧は3.3V、1.8V、1.2V。入力インターフェースはMIPI D-PHY ver1.1、DSI ver1.1。入力フレーム周波数は最大120Hz、通信インターフェースはI2C、SPIとなっている。

サンプル価格は液晶ディスプレイ素子と駆動LSIのセットで1万2000円(税抜き)。2018年8月に量産出荷予定だ。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

fabcross
meitec
next
ページ上部へ戻る