カーエアコンの冷却効率を向上――横浜ゴム、2重管型内部熱交換器(IHX)を開発

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2重管構造の内部熱交換器を採用したカーエアコンシステムのイメージ

横浜ゴムは2018年8月8日、カーエアコンシステムの冷却効率を向上させる2重管型内部熱交換器(IHX)を開発したと発表した。すでに現行型の「Jeep Wrangler」、「Jeep Compass」に採用されている。

現在、カーエアコンの冷媒として広く使用されているHFC-134aは、GWP(Global Warming Potential:地球温暖化係数)が1430と高く、地球温暖化防止のため、同係数が低いHFO-1234yf(GWP=4)への切り替えが進んでいる。一方HFO-1234yfはHFC-134aと比べ冷却効率が低下するが、今回開発された2重管型内部熱交換器は、この冷却効率低下をカバーできる。

このIHXは、従来は別々に構成されていた2本の冷媒配管の一部を一体化して2重管として構成したもの。高温冷媒と低温冷媒の温度差を利用して内部熱交換することで、エアコンシステム全体の冷却効率を向上させる。

なお、カーエアコンシステムはエンジンルーム内の狭い空間に配管されていることから、そのエンジンルーム内のレイアウトに応じて配管設計を行う必要がある。今回の開発したIHXは、内部に配置したフィンにより、曲げても冷媒の流路が潰れないため、従来のエアコンシステム配管と同様、自由に配管設計を行える。

フィン付き2重管構造のパイプ断面図

同社ではカーエアコン用冷媒規制への取り組みを進めており、今後北米を中心に販売を強化していくとともに、採用拡大に向けて高性能仕様の開発を行っていく。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

fabcross
meitec
next
ページ上部へ戻る