ボルグワーナー、乗用車ガソリンエンジン向けデュアルボリュートターボチャージャーを開発

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

米ボルグワーナーは2018年9月10日、乗用車ガソリンエンジン向けデュアルボリュートターボチャージャーを開発したと発表した。

同ターボチャージャーは、デュアルボリュート構造によってエンジンからの排気を2つの渦室に完全に分離。従来のツインスクロールターボチャージャー構造と比較して、タービンホイール駆動により多くの排気脈動エネルギーを利用できる。

従来のツインスクロールターボチャージャーは、タービンハウジングに隔壁を設けて、排気通路を横並びに配置させることでタービンホイールに送り込む排気流を分離する。しかしこの構造では、2つの渦室からの排気流がタービンホイールに送り込まれる直前で狭い排気通路を通る。このため一部の排気流が流出し、タービンホイール駆動に利用できるエネルギーの一部が失われてしまう。

今回開発したデュアルボリュートターボチャージャーでは、タービンハウジングの隔壁を取り除き、排気通路を完全に分離することでより多くの排気を取り込める。これにより、排気脈動の間隔が長く、排気流が変化しやすい低速時においてタービンホイールを駆動させるエネルギーを増加させ、優れたターボチャージャーブーストレスポンスを得られるという。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

fabcross
meitec
next
ページ上部へ戻る