ヤマハ、新ステアリング機構を採用した3輪バイク「NIKEN」を受注生産で発売

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ヤマハ発動機は2018年9月13日、次世代リーニングマルチホイール(Leaning Multi Wheel、LMW)の新製品「NIKEN(ナイケン)」を受注生産にて発売すると発表、全国のNIKEN取扱店にて同日より予約受付を開始した。

旋回性と安定感を両立させるため、NIKENには同社の3輪バイク「TRICITY」にも採用しているヤマハ独自のLMWテクノロジーに、専用開発した新ステアリング機構「LMWアッカーマンジオメトリ」を採用。これにより、自然な操舵感やリーン特性をもたらす。

また、外側片持ちフロントサスペンション(倒立式/タンデムフォーク)、410mmトレッド、2軸ステアリング機構により、45度のバンク角を実現。さらに2軸ステアリング機構は、約50:50という理想的な前後重量配分をもたらし、優れたハンドリングにも貢献する。

搭載するエンジンは845cc水冷4ストローク直列3気筒FI(YCC-T)の軽量エンジン。最大出力は85kW(116PS)、最大トルクは87N・m(8.9kgf・m)だ。現行の「MT-09」用エンジンをベースに、クランク慣性モーメントの最適化(MT-09比18%増)、とFIセッティングにより、スポーティかつマイルドな操作性を生み出した。またトランスミッションには同社の「YZF-R1」と同じ、強度に優れた素材を採用した。

フレームは、工法と材質(アルミ&スチール)を使い分けたハイブリッドフレームを採用。リアアームは、優れた剛性/強度バランスをもたせるため、アルミ鋳造+パネル溶接とした。また、NIKEN専用120/70 R15のVレンジタイヤをフロントに採用。タイヤメーカーと共同開発しており、優れたグリップ性、耐摩耗性、ウエット性能が特徴となっている。

そのほか、唐突なエンジンブレーキの発生を解消するアシスト&スリッパークラッチや、シフトアップ操作を支援するクイックシフトシステム、3つのエンジン特性を選べるD-MODE(走行モード切替システム)などを装備している。

カラーリングはダークグレーメタリックG(ダークグレー)の1色で、価格は178万2000円(税込)。年間400台の国内販売を予定している。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

fabcross
meitec
next
ページ上部へ戻る