BMW、「X3」のラインアップに日本初導入の高性能ディーゼルエンジンを搭載した「M40d」を追加

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

BMWは2018年9月20日、プレミアムミドルクラスSAV(スポーツアクティビティビークル)として2017年10月に発売した「X3」のラインアップに、日本初導入となる高性能ディーゼルエンジンを搭載した新型「M40d」を追加し、全国のBMW正規ディーラーで販売を開始した。

今回追加したM40dは、パワートレインとシャシーにBMW Mの技術に基づいたスポーティなチューニングを施した「M Performanceモデル」。サーキット走行を想定したBMW Mモデルと、実用性の高さをより重視したBMWモデルの中間に位置付けられ、スポーツ走行性能と実用性を兼ね備える。

M40dには、日本市場に初めて導入される直列6気筒M Performanceツインパワーターボディーゼルエンジンを搭載。最高出力は326PS(240kW)/4400rpmで、最大トルクは680Nm/1750-2750rpm。「Mスポーツディファレンシャル」を搭載することで、より正確なトラクションコントロールを実現し、コーナリング性能を高めた。

外装デザインは、X3をベースにBMW Mが手掛けた高性能モデルにふさわしいアイテムを特別に搭載した。M40dの販売価格は875万円(税込)だ。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

fabcross
meitec
next
ページ上部へ戻る