ジェイテクト、回転トルクを30%低減したEV/HEV用シール付き玉軸受を開発

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ジェイテクトは2018年10月3日、電気自動車(EV)やハイブリッド自動車(HEV)の電動ユニットに組み込む超低トルクシール付き玉軸受を開発したと発表した。

内輪に触れるシールリップの形状を最適化し、シールが軸を締め付ける力(緊迫力)を引き下げた。回転トルクを30%低減し、シールの追随性を高めている。

さらに、シールによって耐異物寿命が向上し、軸受を小型化できるようになった。従来の開放型軸受と比べて約50%の軽量化が可能になったという。

このシール付き玉軸受は、一層の低トルク化・軽量化を図ることで電力消費率を改善し、EVやHEVの航続距離を延ばす目的で開発された。

玉軸受は電動ユニットの減速機において油中で使われるが、ギアなどの摩耗粉が軸受内部に侵入して軸受寿命が短くなる恐れがあった。 そのため開放型の軸受を組み込むと、軸受容量を確保するために小型化が困難だった。対策としてシール付き軸受を採用すれば摩耗粉などの軸受内部への侵入を防げるようになるが、シールリップが内輪に接触する際に発生する摺動摩擦が回転トルクを増大させる。その結果、電力消費率の低下を招いてしまっていたという。

このほど開発した玉軸受は、国内外自動車メーカー向けに売り込み、販売目標は1カ月当たり1.2億円。亀山工場、徳島工場、中国工場、ルーマニア工場、ダイベアなどで生産する計画だ。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

fabcross
meitec
next
ページ上部へ戻る