フェラーリ、パワフルなV12エンジンを搭載したレトロテイストな高性能スポーツカー「Ferrari Monza SP1/SP2」を発表

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フェラーリは、2018年9月18日、フェラーリのスポーツカーの伝統を受け継ぐ限定モデル「Ferrari Monza SP1」、「Ferrari Monza SP2」をイタリアのマラネッロにある同社のファクトリーで公開した。

この2つの限定モデルは、「Icona(イコナ。イタリア語で聖画像の意)」と呼ばれるフェラーリの新しいセグメントの最初のものだ。「Barchetta(バルケッタ。イタリア語で小舟の意)」と呼ばれた1940年代から1950年代のオープントップ・レーシングカーを彷彿とさせるボディに、最新のスポーツカー技術を備えている。カーボンファイバーを贅沢に使い、バルケッタとして類を見ないパワーウェイトレシオを実現した。エンジンは810馬力V型12気筒、0-100km/h加速2.9秒、0-200km/h加速7.9秒、最高速度300km超と高性能だ。

これまでにないドライビング感が味わえるFerrari Monza SP1は、シングルシートのロードカー。そしてFerrari Monza SP2は、トノカバーを除いた2シーター仕様だ。

Ferrari Monzaは古典的なスポーツカーデザインを受け継ぎ、フロントガラスがない。風の巻き込みを防ぐため、計器パネルとハンドルの前のフェアリングに組み込まれた「バーチャルウィンドシールド」でコックピット内の空気の流れを制御する。これはフェラーリの特許技術だ。

Ferrari Monzaは、フェラーリの車作りの伝統と、最新のテクノロジーを合わせ持つスポーツカーといえるだろう。



関連リンク

The Ferrari Monza SP1 and SP2 unveiled

関連記事

fabcross
meitec
next
ページ上部へ戻る