マツダ、「CX-5」を商品改良――2.5L直列4気筒直噴ガソリンターボエンジン「SKYACTIV-G 2.5T」を国内初導入

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マツダは2018年10月11日、クロスオーバーSUV「CX-5」の商品改良モデルを同年11月22日に発売すると発表した。また、CX-5の最上級グレードとして、特別仕様車「Exclusive Mode(エクスクルーシブモード)」も同時に発売する。

今回の商品改良では、マツダの国内向け車種として初めて2.5L直列4気筒直噴ガソリンターボエンジン「SKYACTIV-G 2.5T」を設定。最高出力は169kW/4250rpm、 最大トルクは420N・m/2000 rpmで、低速から高速域まで意のままに加速する力強い走りが特徴だ。

安定感ある走りを実現する独自技術「G-ベクタリング コントロール(GVC)」を、ハンドルを切った際の制御に加えハンドルを戻す際の制御を追加した「G-ベクタリング コントロール プラス(GVCプラス)」へと進化させ、全車に標準設定。高速走行での車線変更時や滑りやすい路面での、より安定した車両挙動を実現した。

さらに、クリーンディーゼルエンジン「SKYACTIV-D 2.2」搭載車には、新たに6速MT「SKYACTIV-MT」を追加設定した。また、最上級モデルとして設定される特別仕様車「Exclusive Mode(エクスクルーシブモード)」には、高品質のナッパレザーや本杢パネルなどの素材を採用し、精緻な造り込みを行った。

希望小売価格は、ガソリンエンジン搭載モデルが257万400円~387万7200円、ディーゼルエンジン搭載モデルが288万3600円~388万2600円(いずれも税込)で、同日より全国のマツダ販売店を通じて予約を開始した。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

fabcross
meitec
next
ページ上部へ戻る