ソニー、1つのMIPI入力ポートに複数台接続可能なCMOSイメージセンサー「IMX418」発表

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

CMOSイメージセンサー「IMX418」(左:チップ、右:チップサイズパッケージ)

ソニーは2018年10月22日、1つのMIPI入力ポートに複数台接続可能な、センシング向けグローバルシャッター機能搭載CMOSイメージセンサー「IMX418」を発表した。

IMX418は、同一配線上に接続された複数台のイメージセンサーが同時露光で撮影したデータを、1つのMIPI入力ポートへ転送できるインターフェースを搭載。複数台のイメージセンサーをアプリケーションプロセッサーに接続する場合に、MIPI入力ポート以上のイメージセンサーが接続でき、配線数を削減できる。また、データの転送方法は、イメージセンサーからアプリケーションプロセッサーへの処理方法に応じてフレーム毎かライン毎かの選択が可能だ。同社によると、同様のインターフェースを備えたイメージセンサーは世界初だという。

IMX418は、グローバルシャッター機能を搭載した他のCMOSセンサーよりも低電圧で駆動でき、モバイル用途などにも適している。さらに、縦横比を1:1にしたことで、ヘッドマウントディスプレイやドローン、自律走行ロボットにおいて、前後上下左右のどのようなカメラ取り付け位置にも対応可能な上、機器の傾きによって生じる画像情報の欠落を最小限に抑えられる。

有効画素数は1016(H)×1016(V)100万画素、イメージサイズは対角 5.0mm(1/3.6型)、ユニットセルサイズが3.45μm(H)×3.45μm(V)、フレームレートは最大120fpsだ。

サンプル出荷時期は2018年10月、サンプル価格は1500円(チップ)または2000円(チップサイズパッケージ)となる。

イメージセンサーから取得した情報によって自己位置推定と環境地図作成を同時に行うSLAM(Simultaneous Localization and Mapping)向け用途や、障害物の検知機能を有するヘッドマウントディスプレイやドローン、自律走行ロボットなど、複数のイメージセンサーを搭載する機器などでの需要を見込んでいる。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

fabcross
meitec
next
ページ上部へ戻る