NTN、高速回転性能と耐荷重性能を両立した「高速・重切削工作機械主軸用アンギュラ玉軸受」を開発

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

同社従来品(HSEタイプ)(左)と高速・重切削工作機械主軸用アンギュラ玉軸受(右)の構造

NTNは2018年10月26日、高速回転性能と耐荷重性能を両立した新たなULTAGE(アルテージ)シリーズ、「高速・重切削工作機械主軸用アンギュラ玉軸受」を開発したと発表した。

近年、工作機械は、耐荷重性能が必要な中低速回転域の重切削から高速回転域の仕上げ切削までを1台で担うことが求められている。重切削の工作機械では、仕上げ切削もできるdmn値120万を上回る回転性能が必要とされ、仕上げ切削の工作機械では、重切削も可能な高い耐荷重性能が求められる。そのため、主軸用軸受には、トレードオフの関係にある、高速回転性能と耐荷重性能をより高いレベルで両立することが望まれてきた。

同社は今回、転動体(ボール)の大径化など内部設計を最適化し、また、従来品よりも断面積が大きい強化型保持器を採用。dmn値160万、負荷容量と許容アキシアル荷重を同社従来品比約1.3倍に高めた高速・重切削工作機械主軸用アンギュラ玉軸受を開発した。

【商品写真および適用箇所】外観写真(左)工作機械と主軸(マシニングセンタ)(右)

同製品により、工作機械の生産性向上に貢献するほか、工具と加工物の衝突に強い主軸作りも可能になるという。また、同開発品は2018年11月1日~6日に東京ビッグサイトで開催される「第29回日本国際工作機械見本市(JIMTOF2018)」に参考出展し、工作機械メーカーやスピンドルメーカーに提案する予定だ。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

fabcross
meitec
next
ページ上部へ戻る