NTN、工作機械主軸用「空冷間座付グリース潤滑軸受」を開発――高速化、高剛性化に貢献

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(左)外観写真 (右)構造断面図

NTNは2018年10月30日、独自の空冷技術を採用し、グリース潤滑軸受の高速回転性能と剛性を約10%高めた工作機械主軸用「空冷間座付グリース潤滑軸受」を開発したと発表した。これにより、グリース潤滑軸受の高速回転の使用限界が高まり、従来はエアオイル潤滑が必要だった高速のマシニングセンタや複合加工機などに、価格面や環境面でメリットのあるグリース潤滑軸受が使用可能になるという。

近年、複雑な形状の部品やチタンなどの難削材加工の増加、生産性向上の要求から、1台で複数の加工機能を持つ5軸加工機や複合加工機のニーズが増えている。これに伴い、主軸用軸受には従来品を上回る高速回転性能と剛性が求められている。特に、潤滑油のタンクや供給装置などが不要で環境に優しいグリース潤滑が注目されている。

しかし、グリース潤滑軸受を高速回転させる場合、軸受の発熱が大きくなることでグリースの劣化が早まる。このため、回転中の発熱を低減することが課題となっていた。この課題解決のため、NTNは2016年に商品化したエアオイル潤滑の「工作機械主軸用空冷間座付軸受」の技術を応用し、グリース潤滑軸受として新規に開発した。

(左)正面図 (右)空冷間座形状

同開発品は軸受、内輪間座、外輪間座で構成されている。外輪間座には空冷ノズルが設置されており、このノズルから冷却用の圧縮空気(空冷エア)を内輪間座に向けて噴射することで、内輪間座や隣接する内輪を冷却できる。これにより、空冷エアを供給しない場合の従来品と比べ、dmn値(軸受の回転性能を表す値でdm(転動体中心径 mm)× n(回転速度 1/分)で定義されている)が140万から160万に向上するなど、軸受の高速回転性能と剛性を約10%高めた。

NTNは、11月1日から6日まで東京ビッグサイトで開催される「第29回日本国際工作機械見本市」に、同製品を参考出展する。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

fabcross
meitec
next
ページ上部へ戻る