ドローンや自動運転分野での活用に期待――スペースリンク、センチメートル級のリアルタイム測位ができる測位受信機「3周波マルチGNSS受信機」を発表

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スペースリンクは2018年11月1日、センチメートル級のリアルタイム測位ができる高性能測位受信機「3周波マルチGNSS(Global Navigation Satellite System)受信機」を発表した。高い精度や安定性、リアルタイム性が求められる産業用ドローンや自動運転車両用途など、さまざまな分野への活用を考えているという。

今回発表した3周波マルチGNSS受信機は、米国「GPS」、日本の「QZS(準天頂衛星)」、欧州の「Galileo」などが出力する3つの異なる周波数帯の測位信号を捕捉して測位を行うもので、世界中のほとんどの測位衛星をカバーできるため、都市部や山間部を問わず高精度な測位が可能となる。センチメートル単位の超高精度測位も可能だ。また、独自の信号処理/測位演算技術により最大0.1秒に1回の測位を可能とし、従来の測位受信機の約10倍のリアルタイム性を実現した。

また、同社が人工衛星やロケットなどの宇宙用GPS受信機の開発で培った技術を応用した、独自のマルチアンテナ技術により、測位電波の受信範囲の拡大や姿勢/方向の推定、検出、マルチパス(電波障害)の影響抑制効果により、高い安定性を実現。急激な姿勢変化や加速時などの測位が不安定になりがちな状況でも、高精度な測位を安定的に効率よく行える。

基礎研究から製品化開発まで一貫して自社で行ってきたことによる、ホワイトボックスかつ純国産という特徴を有しているため、顧客のニーズに合わせたフレキシブルなカスタマイズが可能だ。また、チップ化への対応も既存技術で比較的容易にできるため、開発サイクルを短縮し、低コストでのカスタマイズ開発ができる。

同社は、政府が掲げる「地理空間情報高度活用社会(G空間社会)」構想におけるさまざまなニーズに対しての利活用を想定しており、中でも高いリアルタイム性と安定性が要求されるドローンの自律飛行、航空管制利用や自動運転車両分野への活用を想定しているという。2018年11月より評価用ベーシックモデルとなる「準天頂衛星+RTK対応2周波マルチGNSS受信機」の供給を、2019年春に「準天頂衛星+RTK対応3周波マルチGNSS受信機」の販売開始を予定している。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

fabcross
meitec
next
ページ上部へ戻る