日産自動車、圧縮比を変換可能なターボチャージャー搭載エンジンを開発

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日産自動車は2016年8月15日、同社が20年以上の歳月をかけて開発した可変圧縮比ターボチャージャー搭載エンジン「VC-T(Variable Compression-Turbocharged) Engine」を2016年9月26日開催のパリモーターショーで披露すると発表した。

従来のガソリンエンジンは、圧縮比を変えられなかった。だが、VC-T Engineはピストン上死点の上げ下げにより、8:1と14:1の間で圧縮比を変更可能。圧縮比は走行中の状況に応じて、最適な値が自動で割り当てられる。

More than 20 years in development, INFINITI’s new four-cylinder turbocharged gasoline VC-T engine represents a major breakthrough in internal-combustion powertrain technology. VC-T technology signifies a new chapter in the story of the internal combustion engine – engines are no longer limited by a fixed compression ratio. The ingenuity of VC-T engine technology lies in its ability to transform itself and seamlessly raise or lower the height the pistons reach. As a consequence, the displacement of the engine changes and the compression ratio can vary anywhere between 8:1 (for high performance) and 14:1 (for high efficiency). The sophisticated engine control logic automatically applies the optimum ratio, depending on what the driving situation demands.

同エンジンでは圧縮比の変更が必要な場合、まずハーモニックドライブがアクチュエーターのアームを動かす。すると、アクチューターのアームがコントロールシャフトを回転させる。

コントロールシャフトは回転するとき、ピストンとつながるマルチリンクの角度を変える。マルチリンクはこれにより、シリンダー内でピストンが届く高さを調節。その結果、圧縮比が変更される。

日産自動車によると、VC-T Engineを搭載した車両は燃費や排気ガスのほか、ノイズや振動を大幅に削減できるという。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

fabcross
meitec
next
ページ上部へ戻る