高性能ポリマー「VICTREX PEEK」、ARJ21搭載のフロアブラケットに採用

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

英VICTREXは2016年8月24日、同社の高性能ポリマー「VICTREX PEEK」が、COMAC(中国商用飛機有限責任公司)が開発したリージョナルジェット機「ARJ21」に搭載の航空機用フロアブラケットに採用されたと発表した。

COMACのARJ21は、2016年6月に就航したばかりの短中距離用小型ジェット機。VICTREX PEEKが採用されたフロアブラケットは、ARJ21の床板と梁との隙間を支えるパーツとして使用されている。

通常、こうした高負荷がかかるブラケットはアルミニウム製だ。だが、今回アルミニウムの代わりにVICTREX PEEKを採用することで、約30%の軽量化に成功しただけでなく、機体への組立工程をより迅速にする部品デザインを実現した。

同社によると、VICTREX PEEKポリマーの材料性能を最大限に引き出すためのシミュレーション分析、デザイン最適化ツールから製造現場における成形条件最適化など、本ブラケット開発の全工程において総合的な技術サポートを提供したという。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

fabcross
meitec
next
ページ上部へ戻る