マルチフィジックス解析ツールの新版「ANSYS AIM 17.2」、熱管理などを強化/日本語にも対応

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アンシス・ジャパンは2016年9月8日、構造、流体、熱、電磁界を単一画面で解析できるエンジニアリングシミュレーション環境「ANSYS AIM」の新版「17.2」を発表した。

ANSYS AIM 17.2は、熱管理向けのエンジニアリングシミュレーションを強化。流体解析や共役熱伝達解析で運動量ソースと熱源を考慮できるようになったことで、電子回路パッケージの熱源、ファン、フィルタといった構成要素も含めたシミュレーションが可能になった。静磁場解析からの熱負荷も適用できる。

また、固体の伝熱過渡解析の機能が新たに備わったことで、対流や輻射といった境界条件を持つ固体伝熱モデルでの過渡効果も考慮可能になった。さらに、ポリマー押出成形シミュレーションでも熱的効果を考慮できるようになった。

設計者と解析者のコラボレーション機能も拡大。AIMのシミュレーションモデルをANSYSの主力製品であるANSYS Mechanical環境にドラッグアンドドロップ操作で転送することで、設計エンジニアとシミュレーション解析者のコラボレーションが可能になるという。

他には、エンジニアが構造アセンブリにおける荷重やボルト締め付けシーケンスを正確にモデル化できるように、ボルト接続を最適化するための複数の新オプションが追加された。日本語のユーザーインターフェースも新たに提供される。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

fabcross
meitec
next
ページ上部へ戻る