オムロン、電波を飛ばしドライバーの脈拍を非接触の状態で測定する車載センサを発表

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

オムロン オートモーティブエレクトロニクスは2016年9月29日、測定が難しい車載環境下でも高精度に脈拍を測定しドライバーの安全運転を支援する生体センシング技術「非接触脈拍センサー」のプロトタイプを発表した。

非接触脈拍センサーは、ドライバーの体表面に電波を送信し、体表面に当たって戻ってきた電波を受信することで、血管が脈を打つときに体表面上で発生する約100um以下の変位を検出。この信号を独自のアルゴリズムにより脈拍信号として抽出し、脈拍値として出力する。

非接触で測定できるため、体にセンサーを装着する必要は無い。ドライバーに煩わしさや運転操作への影響を感じさせずに、リアルタイムに健康状態を把握することができる。同センサーを利用すれば、運転中のドライバーの脈拍をモニタリングすることで、眠気の状態を脈拍数の変化から推定するなど、ドライバーの異常状態の早期検出が可能になるという。

オムロンは今後、脈拍測定以外にも複数のセンシング技術や製品を組み合わせることで、ドライバーの異常状態や異常発生リスクをさらに高精度に検出するシステムの商品化を早期に目指すとしている。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

fabcross
meitec
next
ページ上部へ戻る