日産、「NOTE e-POWER」を発売――モーター駆動の新しい電動パワートレイン搭載

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日産自動車は2016年11月2日、新しい電動パワートレイン「e-POWER」を搭載したコンパクトカー「NOTE e-POWER」を発売した。e-POWERは、ガソリンエンジンとモーターを融合し、エンジンで発電した電気を使ってモーターで駆動する新しいパワーユニットだ。

e-POWERは、ガソリンエンジン、発電機、インバーター、モーターから成る一体型パワートレインと高電圧バッテリーから構成されている。現在普及しているハイブリッド車が、駆動にエンジンと小型モーターを併用するパラレルハイブリッド方式なのに対して、e-POWERはシリーズハイブリッド方式に分類され、ガソリンエンジンを発電に使用して、大出力モーターのみで100%駆動する。また、100%電気自動車と異なり、充電の必要がない。

このe-POWERの搭載により、走り出しから最大トルクを発揮するモーター駆動のメリットを活かし、レスポンスの良さ、加速のなめらかさ、走行時の静粛性といった100%電気自動車と同様の走行性能を可能にした。また、エンジンを最も効率の良い回転数で使用して発電できるため、市街地走行時において従来型ハイブリッドに対し競争力のある燃費を可能にしたという。

日産では、100%電気自動車の「日産リーフ」の発売をはじめ、車両の電動化と知能化について「ニッサン インテリジェント モビリティ」に基づく商品開発を進めている。今回のe-POWERの開発では、バッテリーの量を他社のハイブリッドと同程度に減少させながら、モーター駆動の走行性能や静粛性を失わず、かつ、エンジンの作動を乗員が気付かないレベルとし、効率的にエネルギーを使うことをポイントに研究してきたという。

同社ではこのほか、多様な燃料に対応する電動パワートレインの開発を進めており、SOFC(Solid Oxide Fuel Cell、固体酸化物型燃料電池)や水素燃料電池車の研究開発も実施している。今後もさまざまなエリア、ニーズをカバーするEVを投入し、EVの普及拡大を進めるとしている。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

fabcross
meitec
next
ページ上部へ戻る