LEXUS、先端技術搭載の新型ラグジュアリークーペ「LC」発売

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

LEXUSは2017年3月16日、新世代LEXUSの幕開けを象徴するフラッグシップクーペとして、新型ラグジュアリークーペ「LC」を全国のレクサス店を通じて発売した。新開発のGA-Lプラットフォームやマルチステージハイブリッドシステムなど、先進技術を多数搭載したという。

LCは、新開発のGA-Lプラットフォームを採用。正確ですっきりとしたステアリングフィールを実現するため、フロントミッドシップレイアウトを採用し、エンジンなどの重量物を車両中心近くに配置。さらに軽量のCFRPやアルミ部材の積極的な採用で、重心高を下げるとともに、慣性モーメントを低減し、優れた慣性諸元を追求。回頭性に優れたハンドリングを実現した。

また、マルチステージハイブリッドシステムを搭載。同システムは、LEXUSのハイブリッドシステムに有段ギヤを組み合わせた機構。高回転化したV型6気筒3.5Lエンジンと走行用モーター両方の出力を制御することで、低速から力強い駆動力を生み出しパワフルな走りを実現。加えて、低速域から高速域まで、システム効率の高い動作点を選択し、EV走行領域も拡大することで、エモーショナルな走りと燃費性能に優れたクルージング走行を両立した。

さらに、ドライバーの運転意図を読み取り、最適なギヤを選択する先進のDMI制御を採用。ワインディング走行ではギヤ段をロー側に変速、あるいはブレーキング時には積極的にダウンシフトし、スポーツ走行ではバッテリーからの出力アシストを行い、トルク感あふれる走りを実現。ドライブモードセレクトによる運転特性の切り替えと合わせ、ドライビングの愉しさを提供する。

先進予防安全パッケージLexus Safety System +を全車標準装備。歩行者検知機能付衝突回避支援タイプ「プリクラッシュセーフティ」、車線逸脱による事故の予防に貢献する「レーンキーピングアシスト」(LKA)、夜間歩行者の早期発見に寄与しロー・ハイビームを自動で切り替える「オートマチックハイビーム」(AHB)、そして設定車速内で先行車の車速に合わせて速度を調節することで一定の車間距離を保ちながら追従走行できる「レーダークルーズコントロール(全車速追従機能付)」をパッケージ化した。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

fabcross
meitec
next
ページ上部へ戻る